1. ホーム
  2. 個別指導 SPEC の想い

個別指導 SPEC の思い

個別指導SPEC

spec.=special(特別な)の略語

子どもたちが、前向きにわくわくしながら目標に向かってチャレンジできるように立志館ゼミナールは子どもたちを支えていきます。


子どもたちが、将来、社会人として立派に自立して生きていけるようになるためには、知識や情報が大きな力を持つ現代社会を渡っていける十分な学力を身につけることが必要です。そのためには、いくつになっても自ら進んで積極的に学んでいける力をつけてあげなければなりません。

立志館ゼミナール個別指導SPECでは、自ら前向きにわくわくしながら目標にチャレンジできる子どもたちを育てるサポートをしていきます。前向きにわくわくしながら目標にチャレンジすることのできる子どもを育てるには、一人ひとりの成功体験の積み重ねが必要です。「ぼくも、わたしも、やればできるんだ」という達成感の積み重ねが、前向きで何にでも関心を持ち、目標を立てて努力していく子どもを育てるのです。

二宮尊徳の言葉とされているものに「可愛くば、五つ教えて、三つほめ、二つ叱って、良き人となせ」があります。子どもを立派な人に育てるには、しっかり教えて、時にはほめ、時には叱ることが必要なのです。しかし、必ず、叱るよりもほめることが大切です。ほめられることで、子どもたちには「やればできる」という自尊の感情が育まれます。そのためには、一人ひとりに十分に指導者の目が届かなければなりません。個別指導の良さはそこにあります。

立志館ゼミナール個別指導SPECの講師一同は、教え上手、叱り上手、そして何よりも、ほめ上手の三拍子が揃っています。ぜひ立志館ゼミナール個別指導SPECで、前向きにわくわくしながら目標にチャレンジできる精神と学力を身につけてください。そんなみなさんを全力でサポートいたします。

  • コース紹介
  • 小学生4~6年
  • 中学生1~3年
  • 高校生1~3年
  • Movie SPEC紹介ムービー
  • Q&A よくある質問
  • Pamphlet 資料請求
  • Advice 講師募集